見知らぬジジイ『ドアを開けろ!(ドンドン!)』私「助けて!」警察『すぐ行きます」 → 10分後、私「まだですか?」警察『あーー、んーーはいはいはい』 → 結果…








 

当時賃貸マンションに在住してた。

ある9月の日曜の午前9時

きっかりにチャイムが鳴った。 


玄関ドアは開け放し、風通しと簡易

防犯用に鎧戸を取り付けてたので、

ルーバーの隙間から外を見ると

見知らぬ爺が長さ150㎝くらいの

鉄製パイプを杖にして立っていた。

誰ですか?

と聞くと、

「私はアレだ!」

「ここは柔道だろ?」

「すぐ開けろ!」

外に置いていた植木鉢を持ち上げて

「これはデタラメ!」

と、全く意味不明で、

お帰り下さいと言っても帰らない…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. 淡路則之 より:

    兵庫県警が仕事をしないのは、当たり前の権利のようです。
    ガキがバイクを盗んで分解しているのでそれを通報してやったが、
    ガキが分解を終わって逃げた後で来て、「何もありませんでした」
    と電話をよこしてきました。翌朝、犯行現場を見るとちゃんとバイクの
    籠の残骸とナンバープレートが落ちていたので警察に連絡したら
    「ご協力ありがとうございました」という警察です。
     また、車に乗っていてバイクが追突した事故に巻き込まれたのですが、
    バイクに乗っていたガキが病院から帰ってくるまで、
    壊れたバイクが盗まれるから、バイクを見ていろと
    バイク窃盗が当たり前という認識の兵庫県警です。
     さらに言えば、私の車が盗まれかけました。車のカギを壊して
    バカが乗り込んだところで、逃げられたので兵庫県警加古川署を
    呼んだら、逃げた車のナンバーを教えて、車のハンドルの指紋を取るように
    言ったら、ポリ公は、指紋を取るか取らないかは警察官の判断だと
    ほざいて、犯人を追うことすらせず、近くの巡回の回数を増やすと
    ほざいただけだった。とにかく、神奈川県警など比較にならないほど
    兵庫県警って仕事をしない警察署ですから。
     テレビで兵庫県警に逮捕されたというニュースを見ると余程か
    間抜けな奴だと思ってみています。