韓国研究所長「韓国人は日本人の先祖であり、進化した日本人だった」韓国の最強ファンタジーがとどまる事を知らない!【日韓歴史】




日本の九州、コインドル(支石墓、ドルメン)分布地域で

古朝鮮時代の民俗を計ることができる資料が発見されたと

仁荷(インハ)大古朝鮮研究所調査団が10日明らかにした。

キム・ヨンソン所長を団長とする古朝鮮研究所調査団は

去る3日から山口県北西海岸地域から九州佐賀地域まで現地調査を終えて7日帰国した。

調査団は山口県下関西側の東海海岸に隣接した墓群で北極星がある真北方向に

石棺墓が並んで配列された事実を確認し、その中の一つは

7つの蓋石(覆い石)を意図的に使って北斗七星の崇拝意識を伺うことができたと言う。

調査団はレベルの高い天文学知識を持っていた古朝鮮人の文化的特徴と

海洋進取性が見られる発見だと説明した。

学界では北方系古朝鮮勢力が内モンゴル地域、紅山文化(BC3千年前後)時代以後、

東アジアの天文観測を主導したと見ている。

次ページに続きます。