税務署を私物化した民進議員の『人類最悪級の黒歴史』が暴露された模様。色々な意味で最低すぎる




民進党の岸本周平議員は、

2月に亡くなった母親の相続税申告

に関し「和歌山税務署の対応が遅い」

と国税庁に連絡、これに対し国税庁が

「できているので、議員会館に

 お届けします。」と、

国会議員を特別に待遇する回答を

していたことが判明した。

次ページに続きます。